新着情報

head
東日本唯一のSUPER7を堪能できるグリーンが誕生!
[ 2020-01-15 ]

グリーン高速化始動します! 霞ヶ関カンツリー倶楽部

グリーン高速化始動します!

東京オリンピックで採用されたダブルオーセブン(007)に007の後継種トリプルセブン(777)をインターシードした東日本唯一のSUPER7を堪能できるグリーンが誕生!
当コースのグリーンはオープン以来2年半かけて007に張替えを行いました。
この007は、米国ニュージャージー州ラトガーズ大学リチャードハーレー博士のプログラムにより研究開発されました。
また、この夏開催される東京オリンピック2020のゴルフ競技で採用された第4世代と言われるベント芝です。
この007は、夏場の暑さにも強く、高温多湿な日本の環境に合ったベント芝と言われています。
そしてこの007の後継種といわれているのが、777です。
当コースでは、007のグリーンに777をインターシードすることでSUPER7と呼ばれる最新鋭のグリーンへと変貌を遂げつつあります。
なお、冬季期間中は朝霜が原因で毎日刈り込みが出来ません。
その為冬季期間はどうしてもグリーンが重たくなり、現在(令和2年1月)のところ8~8.5フィートとなっておりますが、春先になれば刈高を下げることが出来るようになりますので、10フィートほどのグリーンに仕上がります。
リチャードハーレー博士も東日本初のSUPER7のグリーンに大いに期待され、当コースの視察にも訪れられました。
SUPER7のグリーンの完成をどうぞご期待ください。

【007の詳細はこちら】(別窓が開きます)

foot
区切り線です
このページの先頭へ