新着情報

head
「土木事業関係者各位(残土搬入について)」
[ 2017-08-15 ]

ゴルフ場は、山梨県ゴルフ条例に基づき、現状保存地の樹林地は、40%以上を確保しなければならないと明記されています。当ゴルフ場の既存(きそん)樹林地は、最終的には40数%しか残らず、例えば、クラブハウスと10番ホールの間の谷にある既存樹林地、又は管理棟前の既存樹林地を伐根、伐採等を行う「残土搬入事業」などは条例的に不可能です。

ゴルフ場には「自然のまま」にしておく樹林地の割合がこのように決められており、その「自然のまま」の樹林地を40%未満に減らすことは条例で出来ません。当ゴルフ場には伐採できる現状保存地の樹林地が、あと数%しか残らないという事です。

当ゴルフ場に対して「残土搬入をさせて欲しい」という問い合わせが数件御座いますが、クラブハウスと10番ホールの間の谷、又は管理棟の前など、伐採できる樹林地は僅か数%しか残ってない事から、そのような土木工事には山梨県の「許可」が出ることはありません。

「当ゴルフ場内に残土搬入ができる」という、条例的にも不可能な「虚偽の被害」には、十分に気を付けられるようご報告させて頂きます。

foot
区切り線です
このページの先頭へ